料金について

しっかりと施工がされているか確認をして、

手抜き工事や欠陥工事がないか確認し、

直すべき部分は是正工事をしてもらうことを目標にしてフォローしていきます。

大手インスペクション会社は、床下や小屋裏点検を入れると税込みで10~13万円以上掛かる場合もありますが、当社は同等の検査で床下と小屋裏点検を行い88,000円(税込み)です。

しかも、当社は、床下の状況をリアルタイムの映像でご覧いただくサービスをしています。

また、最上階の窓から3mの自撮り棒を使用して有効な場合は、映像をお見せしております。

 

当社は、公共交通機関を使っており、従業員の人件費(建築士派遣の人件費)を使わず、極力ご依頼者に負担のないようにしています。

 

JR川崎駅から公共交通機関を利用して往復2,000円以内は交通費込みです。

遠方の方もどうぞお気軽にご相談ください。

交通費が仮に往復3万円掛かったとしても、大手インスペクション派遣会社よりも安価(税別13万円以下)です。

 

※125㎡以上の場合は1㎡ごとに550円(税込)となります。

※報告書を郵送される場合は別途3,300円(税込み)

※カード決済も可能です。

 

料金一覧

新築一戸建て 

1,標準検査

(外観チェック・建具開閉確認・レーザーレベル床壁傾斜確認・給排水確認・バルコニー及び屋根確認・給排水流水確認・換気扇確認・リモコン確認・傷汚れ確認)

※屋根点検においては高所カメラ(最上階の窓から3mの自撮り棒を使用して有効な場合)

2,床下進入調査

(床下を進入している様子をリアルタイムで映像をお見せするか動画をプレゼント)

3,屋根裏進入調査

4,サーモグラフィ断熱診断

5,木材含水率及び排水勾配計 測定

6,写真付き報告書(約20枚程度)

7,検査写真データ

(ご希望の方はお送りします)

8,永久アフターフォロー付き

(検査した物件以外でも、建築のことなら何でも電話もしくはLINEで相談できます。)

※現場の状況により、

床下に進入できない時は22,000円引き

小屋裏に進入できない時は11,000円引き

88,000円(税込)

※当社は鉄筋探査を標準検査には含めておりません。含めていない理由としてはこちらをご確認願います。

※検査時間は2時間45分程度です。検査時間についてはこちらも参考にしてください。

新築マンション 内覧会同行

1,標準検査

(共用部チェック・建具開閉確認・レーザーレベル傾斜確認・給排水確認・バルコニー確認・給排水確認・換気扇確認・リモコン確認・傷汚れ確認)

2,写真付き報告書(約15枚程度)

3,検査写真データ(ご希望の方はお送りします)

4,永久アフターフォロー付き

(検査した物件以外でも、建築のことなら何でも電話もしくはLINEで相談できます。)

44,000円(税込)

 

建築途中検査

①基礎配筋検査

44,000円(税込)  

基礎配筋は瑕疵保険でも検査されることが多いですが、今まで瑕疵保険の検査後において見逃されてしまった事項を何度も指摘している実績があります。

②構造金物

44,000円(税込)

構造金物が構造図通りに取り付けられているかチェックします。

③耐力壁検査

44,000円(税込)

耐力壁の釘の間隔などの取り付け状況を構造図を基にチェックします。

④断熱材及び防水シート

44,000円(税込)

断熱材が隙間なく施工されているか、防水シートの状況を確認します。

断熱材や防水シート以外についても出来上がっている部分をチェックしましす。

※②と③は同時に検査するならば66,000円(税込み)で確認することもできます。ただし、③の耐力壁の確認が90%程度で終わってしまう可能性があります。

※建築途中検査としては、上記4つの検査をおすすめします。

もちろん、いづれか1つでも構いません。

※その他の検査を希望の方や予算が限られている方はご相談ください。