検査報告書に保有資格が記載されるか確認を

住宅の検査会社を選定する際どんなことを重視して決められますか?

 

検査の種類、検査費用、資格保有など基準は色々あるかと思いますが、今回は資格保有について書きたいと思います。

 

住宅検査の資格というと一級建築士か二級建築士が主になります。

 

よくあるのは、会社としての免許登録は一級建築士ですが、実際の検査する人は二級建築士だったりすることがあります。

宅建業法上の中古住宅取引の場合は、国が基準を定めているので建築士でないと住宅診断をすることはできませんが、新築住宅のインスペクションについては民間資格であるホームインスペクターを持っていれば検査できてしまう状況です。

検査会社のホームページによっては、

・住宅診断は、資格が無くても建物調査は経験がある方が信頼できる。

・資格保有だけを売りにしている会社は危ない。

などとが書いてあるものもあります。

 

 何事も経験があることは重要だとは思いますが、資格は重要ではないという検査会社ほど、検査する人は二級建築士の可能性が高く、場合によっては無資格かもしれません。

個人的には、二級建築士の方が検査をしてもいいと思いますが、検査をする人がどんな資格を持った人であるか事前に伝えることが重要だと思います。

検査する人が保有している資格を明らかにせず検査することは告知違反だと思います。

大手インスペクター派遣会社では、どんな資格を持った人が検査するか分かりません。

 

報告書に検査した人の資格が書いていないことはないと思いますが・・・

一級建築士だと思って検査依頼したのに、提出された報告書が二級建築士だったらがっかりするでしょう。

 

 報告書は形として残こり、建設会社や不動産業者にも見せるものです。

報告書に資格保有が記載されるのか事前に確認をして検査を依頼した方が良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA